曲線のデザインがとても美しいスタイリッシュなシャンデリアのご紹介。
ガラスシェードのデザインにもこだわった上品なクラシカルデザインのシャンデリアです。

本体上部の一番目のチェーンが開閉式に成っていますので、S字フックを使用する事無く、
簡単にチェーンの長さ調節が可能です。

E26口径のLED電球にも対応。

LED電球(別売り)



通常3〜4営業日以内に発送

 

[本体サイズ]約L.54 x W.54 x H.45cm
[コ ー ド]約75cm
[チェーン]約65cm
[重量]約4.8kg

素材:アイアン+ガラスシェード
[付属]E26 40W(水雷型)電球5個付き(最大60Wまで対応)
生産地:中国

※シャンデリアお取り付けの際には、天井器具をご確認下さい。 シャンデリアの器具は、引っ掛けプラグになっており右記の配線器具がついれいれば取り付けることができます。 ※器具を取り付ける天井の強度をご確認し、重量に耐える場所に確実に取り付けてください。 強度が、不足している場所は、補強工事をしてから取り付けてください。 (器具落下によるけがの原因になります。)

シャンデリア 照明 LED電球対応 クラシカル5灯 イザベラ DL16569-5P 送料無料

シャンデリア 照明 LED電球対応 クラシカル5灯 イザベラ DL16569-5P 送料無料 c08bbzcwx71574-シーリングライト、天井照明

1011日(金)に開催される「うみそら上映会」では、謎の那覇大綱引きの映像を上映いたします。


うみそら上映会 in 若狭海浜公園

日時:10月11日(金) 19:00〜20:00
会場:若狭海浜公園 ※雨天時は若狭公民館2Fの第一研修室
参加料:無料
問い合せ:若狭公民館(TEL 098-917-3446)

上映作品
山田照明(YAMADA) DD-3095-N アンビエント LED一体型 昼白色 位相調光 連結左端 ホワイト 受注生産品 [∽§]
2.『鬼の太鼓』(アニメ/16mm上映/10分)
3.『へーイ!ブンブー〜生きている自動車〜』(アニメ/16mm上映/10分)
4.『懐かしの地域映像〜謎の那覇大綱挽き』(10〜15分)


謎の大綱引きフィルムとは?

この謎のフィルムは、前回このサイトでも公開した1971年の那覇大綱挽のフィルムといっしょにあったので、’71年関連の映像かと思われたのですが、ひょっとしたら1961年に若狭大通りで開催された那覇大綱引きではないかという推理が浮上してきたのです。この大綱引きの映像の写真は、那覇市歴史博物館のサイトで1枚だけ見ることができます。↓↓

LGB19331WZ パナソニック照明 ペンダント LED◆エンパイア シャンデリアライト シャンデリア アンティーク 北欧 照明 リビング ダイニング カフェ 店舗 リッチ 高級感 ゴージャス かっこいい

一般には”那覇大綱挽”は、1971年に36年ぶり、戦後初の復活を遂げたと知られています。しかし、実は1961年にも那覇市の若狭大通りで大綱挽きは開催されていました。これは那覇市が主催ではなく、那覇復興期成会が主催したものでした。地域の大きめなイベント的な扱いなのでしょうか?映像で見る限り、かなりの盛り上がりなのですが。ともかく資料が少なく、詳細はわかりませんが、正式な那覇大綱挽とは別物とされているようです。

綱引き映像の違和感とは

1971年のフィルムといっしょに出てきたのですが、よく見ると滲み出る違和感。当初はリハーサルの映像なのではとも思われたのですが、それでもなんだかぬぐいされないなにかがある。その主な理由は以下の五つ。

1)衣装が簡略化されている。
大綱引きの正装。全身黒ずくめのモモヌチハンターを来ているべき関係者が、黒い鉢巻だけはしていても、服はワイシャツ姿。また袴を着ているはずの太鼓隊の衣装が学生服であったりします。リハーサルでなければ、1971年の大綱引きではないと思われます。

▲学生服に学生帽で参加している。

2)道ジュネーのコースが一号線(国道58号線)より海側
旗頭とともに町を練り歩く”道ジュネー”のコースが、明らかに若松問屋街など、1号線(現 国道58号線)より海側で、若狭大通りの周辺に限られている。

▲丸い看板は若松問屋街にいまもある”玉宮”のビルでは?

3)綱引きの会場が、一号線ではない。
当初リハーサルではと思われていた理由ですが、綱引きの会場となる通りに大きな建物がほとんどなく、瓦葺きの民家などが多数見えます。(1971年の那覇大綱挽きが行われた久茂地交差点は、5階以上のビルが建ち並ぶ繁華街)。インターフォルム ペンダントライト オレフォス アイボリー 電球別売

MAXRAY マックスレイ ダウンライト MD20647-02-97
▲大綱引きの会場には民家らしき家並み。「ジョージモーター修理工場」と言う看板が見える。(クリックで拡大)

4)ファッションが古い
登場する観客の服装が、白いワイシャツが多く、全体的に昭和30年代の感じです。

ODELIC オーデリック ベースライト XD266072P1

▲着ている服が、全体としてガラ物が少ない。

5)フィルムの形式が古い
1971年のフィルムは、フィルムの1コマに穴が一つだけのスーパー8という規格で、これは1965年に売り出されたもの。一方”謎のフィルム”は、1コマに穴が二つのダブル8という規格で、これは1932年に発売された規格。もちろん後々になっても使われている可能性はある。

サテンニッケルケージ付きシードガラスミニペンダントライト
▲左が1971年映像。右は”謎の大綱引き”。画面が左の穴の数が違います。

ということで、1961年の映像である可能性は非常に高いのです。

他にも手がかりとなる映像多数。

サテンが付いている31575-962のシャンデリアをつけるかもめガラスかさ、
▲紅房の近くではないかと言う指摘もあったが定かではない場所。

LEDペンダントライト 配線ダクトライティングレール対応 温白色 ダイニング LED内蔵 パナソニック

▲『荒垣兄弟商会」とは?

新洋電気 ペンダントライト 旬 shun AP818-A 白×白[10000円キャッシュバック]

▲銀行らしき建物と、ボンネットタイプの首里バス。

などなど….オーデリック LED デザインシーリングライト SH8253LDR[10000円アマゾンギフト付]

わからないことは、ご当地上映で聞く!

若狭大通りの上映会なら、若狭で上映すればなにか情報があるかも!ということで、10/11に若狭海浜公園で開催される「うみそら上映会」での上映が急きょ決定。ということで、先日、若狭公民館で行われた地域の皆さんの集会に飛び入り参加。告知を含めた試写を行い、地域に長くお住まいの皆さまへの参加を呼びかけて参りました。

少なくともご当地が映る映像ゆえに、当時を知る方が集まれば盛り上がることでしょう。ひょっとしたフィルムの内容を確定するための、決定的な証言や、ヒントが得られるかも知れないと思うと、スリリングな上映となりました。決定的な証言の瞬間に立ちあってみたいというかたはぜひ、会場までお越し下さい。

(文:真喜屋力)ODELIC オーデリック ダウンライト XD258639F